TOP > CATEGORY > 富山
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク アルペンルート終点 

2008年11月10日 ()
雪山を歩くとお腹が空いたので立ち食いソバ屋へ。
こちらの方はうどん屋はほとんど無くソバ屋が多かったなぁ。
標高2,450mのソバは思ったより美味しかったです。
画像 088

雪だるまじゃなく雪おじさんだった??駅員さんの遊び心がいいのぉ~~
画像 092  画像 093 

後は高原バスに乗るだけ、まだかなぁ~って見ていたら来ました~赤丸がバスです。
画像 084

雪道なのにスイスイと着ました。
画像 085

福岡の雪道と全然違っていてキレイです。
画像 095

下界まで降りてくるとアイスが食べたくなるもんです。
御当地アイスです。米粒がいい感じに入っていて美味しかった。
画像 103  画像 104

本来は室堂~美女平までがバスで美女平~立山までケーブルカーだったんですが
ケーブルカーの故障の為、一気に標高差2,000mをバスで降りて着ました。

これでアルペンルートを終わります。
スポンサーサイト
[2008.11.10(Mon) 22:04] 富山Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 立山連峰 

2008年11月09日 ()
大観峰を後にして立山トンネルをトロリーバスで『室堂』へ向かいました。
画像 066

『立山』へ到着!ここの湧き水が冷たくって美味しかった。
画像 083 画像 082

この旅での№1です!!初めて観る銀世界は感動そのもの。
普通の声じゃなく変な声で「うぉ~うわぁ~キレぇ~」って言ったかも。
画像 073

太陽が近くって眩しかったぁ~風もなく寒く感じなかった。
画像 076

大観峰での悪夢がこの景色でチャラに。
こんなに天気がいいのは珍しいとの事です。
色々な乗り物を乗り継いで来た甲斐があります。

立山最高!!
[2008.11.09(Sun) 22:37] 富山Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 黒部湖~黒部平~大観峰 

2008年11月06日 ()
黒部ダムから徒歩15分くらいで黒部湖駅へ。
画像 052

黒部ケーブルカーに乗り黒部平駅へ。
画像 053
薄っすら雪景色に感激
でもここでも広々した渓谷が見れたんですが駄目でした。。
画像 057


黒部平駅からは立山ロープウェイに乗って大観峰駅へ。
途中に支柱が一本もないのです。これぞ本当のロープウェイ!
本当なら360度の雄大な景色を見るはずが・・・
画像 051

こんなんです 視界1m位でしょうか??
ツアー客&添乗員さん全員で苦笑するしかないのだ。
スタート地点での悪い予感的中してしまった。
画像

景色を見ることが出来ず時間が余ってしまい。食べるっきゃないです。
ここのお店の五平餅はめざましテレビに出たようです、写真が貼ってありました。
味噌が香ばしく焼けていて美味しかった。
画像 065

ここまでですでに3種類の乗物に乗っています。
乗り換えが大変ですが添乗員さんに付いて行くだけなので
切符を買ったりしないので楽チンです。

アルペンルートはツアーがお勧めです。
[2008.11.06(Thu) 21:00] 富山Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 立山黒部アルペンルート 

2008年11月05日 ()
一日目の宿泊先は長野県の大町温泉郷にある『ホテルからまつ荘』です。
昭和の雰囲気たっぷりの建物。
辺りは静かで落ち葉のジュータンがきれいでした。

やはり日本酒ばかりで焼酎なんて見なかったな。。
画像 025 画像 041

2日目。ホテルを7:30出発した。今日は全長100kmアルペンルート。
まずは玄関口の『扇沢駅』へ到着したが霧が深い。先行き不安だった。
画像 036

5.4kmの関電トンネルをトロリーバスでぬけて黒部ダム駅へ。
画像 046

『黒部ダム』
画像 045

『六体の人物像』
このダム建設による殉職者が171名もいたということに驚きました。
ダム建設だけでなく、建設するための交通網を確保した人達など
こんなに高く険しい山で作業をしてきた人達のおかげで電気を使えます。
画像 047

高さ186m、長さ492mの日本一のアーチ式ダム。
残念ながら放水の時期は終わっていました。 (ダム放水時期:6/26~10/15)
画像 044

反対側です。
画像 049

『黒部湖』 階段で降りると遊覧船乗り場がありました。
画像 050

壮大なスケールと迫力、それに殉職者の多さにとまどい複雑な気持ちになり
言葉もでませんでした。
でも行って良かったです。
[2008.11.05(Wed) 21:44] 富山Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP

PROFILE

CALENDAR  

ARCHIVE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。